300がすすんでる-よしだちえこ

ふみよさん、いろいろ観ていいなぁ!
わしも観たい。

新曲「300」が出来上がりつつあります。
あと2割くらい残して。

「300」というのは、
イシイさんのおじいちゃんちが
築300年ということで、
そのおじいちゃんちで開かれるイシイさんの展示にむけて
作っている曲なのです。

時が積もっていくような
本のページをめくるような
そんな曲になればいいなと思って作っています。

これが完成したら
すぐに稽古に入りましょうね。

みんなが気に入ってくれるといいのだけど。
[PR]
# by gassouhatanosii | 2007-03-07 12:44

どぉぅるぁありぃいうぉおおおん! - アマヤフミヨ

f0126144_945532.jpg 
ドラリオン、観てきました。
サーカスです。
日本では「サルティンバンコ」や「アレグリア」などを公演している
シルク・ド・ソレイユの演目でアジアンテイストなショウでした。
大人のサーカスだな。とも思いました。

かなりすごい、人間とは思えないようなことを
サラリサラリとやってのけ、
ショウはどんどん進んでいってしまいます。
瞬きしてる間に何か見逃してしまうんじゃないか!?
えええええーっすすすっすっげぇぇえ!
と、こちらが感動する暇も与えることなく、
人が現れ大技をすすーっとやっては消えて行ってしまうのです。
(実際、瞬きしていていつのまにか見逃しちゃったモノアリ。これ、本当)

そのためみんなあっけにとられているのか?
それとも日本人特有の(?)感情の出し惜しみなのか?
オーディエンスはわりと静かで
ねぇねぇ!アレすごいよ、今のみたみた??
などと思わず別の席の方に声をかけたくなってしまうほどでした。
それにしても日本人はこういったショウを観るのがヘタだなぁ、と思います。

大人のサーカスだと思ったのは
そんなすごい技の数々をものすごいスピードで展開していくので
こどもたちには少し難しいようで、
両隣にいたよそのお子たちは何がなんだかわからず
すっかり飽きてしまっていたようでした。
それでも、帰り道また別のこどもたちは道をジャンプしながら歩いていて、
それも単なるジャンプではなく、ものすごく気持ちのこもったジャンプで、
未来のサーカス団を予感させる1シーンでした。


◎ ドラリオン 5月6日まで
注)音が出ます
[PR]
# by gassouhatanosii | 2007-03-07 09:48 | こんなのみたよ

ぞわわわわ~と、胸がいっぱいになる - アマヤフミヨ


f0126144_049182.jpgf0126144_0491314.jpg













ヴァシュティ・バニヤンのライブに行ってきました。

1970年に一枚のアルバム「Just Anoter Diamond Day」を出したきり
30年余りもその活動がみえていなかったシンガー・ソング・ライター、ヴァシュティ・バニヤン。
彼女のレコードを擦り切れるほど何度も繰り返し聴いているという方もいると思います。
そんな彼女がおととし35年ぶりに新譜「Lookaftering」を出し、
また宝物のような音楽を世におくりだしてくれました。
その新譜もまたとても素晴らしく、私はお店を営んでいる友人に
このCDをお店でかけてほしいとプレゼントしたほどです。


そんな幻とも言われていたヴァシュティ・バニヤンが来日!
まさか、ヴァシュティ・バニヤンのライブが観られるなんて!
3月。春の始まりにヴァシュティ・バニヤンが観られるなんて!!


彼女の歌声が響いた瞬間、会場の空気がすうぅっと持ち上げられ、
そこにいた人みんなも少し持ち上げられたようになり、そしてぐぅっと彼女に吸い込まれたような
これはことばではなかなか表しがたい素敵な時間が流れていました。
そして、遠くに座っているはずの彼女がものすごく近く感じられました。
私はすっかりのぼせてしまい、
持っていたプラスチックカップの中の氷はあっという間に液体になっていたほどです。


この曲はむかしむかし、失恋したときにかいた曲よ。
この曲はこどもたちのためにかいたの。
1曲ごとにその曲について語り、リラックスして歌っている姿はほんとうに素敵でした。

さらに、サポートメンバーでギターのGareth Diksonさんと
ピアノやフルートのJo Mangoさんもそれぞれ彼らの曲を1曲ずつ披露。
これもまた素晴らしく、特にJo Mangoさんはカリンバを弾きながら歌い、
彼女のカリンバ使いにはこんな弾き方もあったんだ。とちょっと勉強にもなりました。

濃密で夢のような時間はあっというまに過ぎてしまい、
2度のアンコールにこたえながらも、もう、うたう曲がないわ。
と恥ずかしそうに笑いながら歌っているさまは本当に美しく、
歳を重ねていってあんなふうになれたらいいな。
などと最後には思うようになっていました。

ライブハウスを出ると月が高く高くに輝いていて、
自分の感動をも月に照らしてしまったかのようで、
何か得体がしれないチカラがあふれてきました。

そして、みんな口々に「歌声が響いた瞬間、ぞわわわわ~っとした!」と話していて、
偶然会った友人のOGRくんも同じようなことを言っていて、
私の感じたあの瞬間、本当に会場中が吸い込まれたんだわ。
とそれは確信に変わったのです。


最近、ライブなどに行くと、ああ、これをはなうたサーカスのメンバーにもみてほしい。
と感じることが多くあります。
ヴァシュティ・バニヤンも例に漏れず。
みんな、どんな音楽を聴いているんだろう。



Vashti Bunyan 
Gareth Dikson
Jo Mango 
[PR]
# by gassouhatanosii | 2007-03-02 17:45 | こんなのみたよ

目をつぶると…−よしだちえこ

午前10時前の中央線は、ほどよい混雑具合。
眠くなって、つり革にぶらさがったまま目を閉じてみた。
耳をすます。

電車の出発する音。
ういーん、ういーん、というエンジンの音が高くなり
がたんがたん、レールのポイントを通過する音。

そして、

ずずず
こほんこほん
ずず
はっくしょんはっくしょんはっくしょん
こほん

右の耳から
左の耳から
近くから
遠くから
ステレオで聴こえて来る
花粉症の音

のんびりした電車のメロディに
みんなの花粉症の音が打楽器みたいに
ぽそん、ぽそんと入って

こうやって聴いてみると
いいもんなんだ。なんて思ってしまった。

明日はどんな演奏が聴けるかな。
[PR]
# by gassouhatanosii | 2007-03-01 23:28 | まいにち

あらら、こんなところにもリズムが。−よしだちえこ

うふふ。

f0126144_0495592.jpg

こういう発見があるから、毎日がたのしい。

「300」って曲に使ってみよう。
[PR]
# by gassouhatanosii | 2007-03-01 00:53 | まいにち